Google Playのアカウントは組織にするしかない

2024年6月12日

個人開発者にとってGoogle Playアカウントが高難易度化

上記でも話したように、Google Playでアプリを出すことが難しくなってきています。
新規でアカウントを取得するには、20人以上のテスターが 14 日以上連続のテストが必須となりました。

2023年11月13日以降に個人アカウントを作成したデベロッパーが Google Play でアプリを公開するには、特定のテスト要件を満たす必要があります。
20 人以上のテスターが 14 日以上連続でオプトインしてアプリのクローズド テストを実施する必要があります。

https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/14151465?hl=ja

加えて、アカウントを登録できたとしても、インストール数1000未満や180日以上コンソールにログインしてないとアカウントが抹消されるとのこと。

・デベロッパー アカウントが 1 年以上前に作成されている。
・アカウント内で公開されているどのアプリ(公開中のアプリ、削除済みのアプリ、停止中のアプリを含む)も、全期間での合計インストール数が 1,000 件未満である。
・Play デベロッパー アカウントの電話番号と連絡先メールアドレスを確認していない。
・過去 180 日間に Google Play Console を使用しなかった。

https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/11605267
妹ちゃん

き、厳しすぎる……

また、既存の開発者も含め、アカウントは個人アカウントか組織アカウントのどちらかを選択しなければならなくなりました。

本名と住所が公開されるように

個人アカウントか組織アカウント、どちらかを選択することになります。

妹ちゃん

組織って会社のことだよね?
じゃあ個人で良いんじゃないかな?


概ねはその通りですが、個人にとって問題となるのが「本名と住所の公開」が必須になったことです。

ただし、住所の公開はGoogle Playで収益化をしているアカウントが対象です。

妹ちゃん

収益化って有料アプリ、もしくは内部課金をしているアプリのこと?

ですね。

ただ、もしかすると無料でも広告収入があれば収益化とみなされる可能性もあります。(収益化という言葉が曖昧なため)

といっても、今までも住所の公開は必須でした。

ただ、手入力だったので、その住所が本当かどうかは分からない状態です。

それに、デベロッパー名も自由に決めることができました。

今回の変更で、身分証と同等の本名と住所が公開されます。

Googleに登録される「お支払いプロファイル」と完全に連携されます。この登録内容と身分証の合致が要求されます。(身分証の提出が必須)

なので、収益化している個人開発者は、本名と住所が完全公開されることになりました。

個人アカウントはやめるべき

正直、Android向けは止めるいう選択もありかなと思っています。

iOSだけで勝負しても良いかと思います。iOSの方が運用コストが低いですし、広告単価も高いです。

それでも出したい、となるなら組織アカウントで登録するのがおすすめです。

妹ちゃん

組織って会社だよね? 難しいんじゃ……

そうですね。まずは個人事業主(または法人)となり、どこかの住所を借ります。

そして、DUNSナンバーを申請し、このDUNSナンバーと開業届や登記簿を一緒に提出します。

妹ちゃん

ええ……

組織アカウントは電話番号も公開されるので、別途借りましょう。

妹ちゃん

しんどい……

しんどいですが、収益化を目論むなら、法人化しようかなという人も多くいると思うので、心理的な壁は薄い方かと……

ですが、ここまでの苦労をしてアプリを出したとしても、収益は(一般論ですが)iOSよりも低いです……

妹ちゃん

……

加えてGoogleは最新のAPIへの対応を随時促してきますから、保守コストが尋常じゃないです。

インディーゲームの開発は、今後はSteamなどに流れそうだなとも思い始めています。

なので、Google Playは今後どうなるのか……ちょっと転換期のような気がしています。